サイトマップ
プライバシーポリシー
console.log("postID: 1274");console.log("カウント: 1365");
ホーム > ブログ/コラム > 【テンプレ付】記事構成の作り方!SEOで成果をあげるコツも紹介
記事制作

【テンプレ付】記事構成の作り方!SEOで成果をあげるコツも紹介

【テンプレ付】記事構成の作り方!SEOで成果をあげるコツも紹介

SHARE

丸市
著者プロフィール
丸市

XINOBIX(シノビクス)株式会社 コンテンツディレクター。大学卒業後、専門商社に入社。海外向け法人営業のほか、広報部門で社内報の制作に携わる。その後、フリーランスとしてWebライターの経験を積み、2022年にXINOBIX株式会社に入社。現在はコンテンツディレクターとして、BtoB・BtoC問わず幅広い業界のオウンドメディア運営をサポート。

記事構成とは、記事の骨格となる「設計図」です。設計図なしではよい家を建てられないように、記事構成なしにSEOで評価されるよい記事を作成することはできません。

しかし、記事制作を担当する方の中には、

「記事の構成ってどうやって作成すればいいの?」
「そもそも記事構成って作成する必要ってある?」
「自社でメディアを運用しているが、なかなか順位が上がらない」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、数多くの企業のオウンドメディア運用を支援し、成果をあげてきたXINOBIX(シノビクス)のテンプレートをもとに、具体的な記事構成の作り方を解説します。テンプレートの流れに沿って思考し記事構成を作れば、検索エンジンで評価されやすい基礎的な構成ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

SEOで評価される!記事構成のテンプレートを公開


「記事構成の作り方が分からない」
「SEOで評価される記事を作りたい」

このようにお悩みの方のために、シノビクスが実際に使用している記事構成のテンプレートをご用意しました。



テンプレートに沿って記事構成を作成すれば、SEOで評価される記事を作ることができます。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください!

そのような方は、ぜひ本テンプレートをご活用ください。

記事構成のテンプレートをダウンロードする

記事構成とは?

記事構成とは、記事の骨格となる「設計図」のようなものです。

画像:シノビクスの記事構成

記事を作る際に最初におこなう工程で、読者像や記事のゴールを明確にした上で、どのような内容をどのような順序で伝えるかを整理します。

記事構成を作成するにあたり、まずは徹底した調査と分析が重要です。調査・分析した内容をタイトルや見出しに反映させ、内容をできるだけ具体的に落とし込むことでSEOで評価される記事構成を作成できます。

記事構成の作成が重要な3つの理由

SEO記事を作るのであれば、記事構成の作成は必要不可欠です。いかに丁寧に記事構成を作り込むかが、効率的に高品質な記事を制作するカギとなります。

ここでは、記事構成の作成が重要な理由を3つ紹介します。

なぜ記事構成が重要であるのか、シノビクスでの例も踏まえながら解説していきます。

理由1. SEOに強い記事を制作できる

SEOに強い記事とは、読者の検索ニーズ(読者が知りたいこと)に答えている記事です。そのためには徹底的に検索ニーズを調査・分析して事前準備をおこなう必要があります。SEOに強い記事を作るために、シノビクスでは以下のような事前準備をおこなっています。

  • 関連キーワードの調査
  • 読者ニーズの分析
  • 競合サイト調査・分析

事前調査の内容を踏まえた上で記事構成をまとめることで、読者の検索ニーズを満たすことができ、SEOに強い記事となります。

理由2. 論理構造を整理しやすくなる

記事構成なしにいきなり文章を書き始めると、論理構造を組み立てにくく、誰に何を伝えたい記事なのか分からなくなってしまいます。

なかには、記事構成を作成する時間を省いて短時間で記事を仕上げたいと思われる方もいるかもしれません。しかし、書きながら記事構成を考えると、何度も書き換えが必要になったりして逆に時間を要してしまうことがあります。

あらかじめ論理構造を整理して記事を作成することで、効率的に「伝わる文章」が書けるようになります。

理由3. 関係者と認識のすり合わせができる

記事構成を丁寧に作り込むことで、上司やライターなどの記事制作関係者と認識の齟齬が起きにくくなり、スムーズに記事制作を進めることができます。

事前のすり合わせができていないと、いざ記事が完成したときに「イメージしていたものと違った…」となり、完成後に大幅な修正が入ってしまうことも。

丸市

実際、複数の捉え方ができるテーマで記事を制作した際、関係者間で認識の齟齬があり、原稿執筆後にほぼすべてが書き直しとなったことがあります。結果として、通常の倍近くの時間がかかってしまい、記事構成でのすり合わせが不十分だったと反省しました…。

こういった手間をなるべく省くためにも、記事構成の作成が大切となるのです。

記事構成の作成手順5ステップ

制作する記事のターゲットキーワードを決めたら、記事構成を作成していきます。ここでは、シノビクスが実際におこなっている記事構成の作成手順を5つのステップに分けて解説します。

実際に作業を行いたい方は、「SEOで評価される!記事構成のテンプレート」のダウンロードをおすすめします。

Step 1. 関連キーワードを調査する

まずは、ターゲットキーワードに関連するキーワードを調査します。主にGoogleのサジェストキーワードや再検索キーワードを中心に洗い出していきます。

サジェストキーワード

検索窓にキーワードを入れると表示される「候補キーワード」のこと。ユーザーの検索頻度や起点キーワードとの関連度に応じて表示されます。

再検索キーワード

ユーザーがGoogleで検索したときに、検索結果ページの一番下に並んでいるキーワードのこと。「他のキーワード」「関連性の高い検索」と表示されることも。
これは、検索結果を閲覧しても「疑問が解決しなかった」「満足のいく答えが得られなかった」ときに再度検索するキーワードであるため、ユーザーが知りたい情報と捉えることができます。出現回数が多いものは「ユーザーが探したい情報になかなかたどり着けていないキーワード」なので、その情報に答えるコンテンツを作れば、ユーザー満足度を高めることができます。

洗い出したキーワードを見て、読者のニーズを想像し、記事内に盛り込むべきキーワードをピックアップしていきます。

こうした関連キーワードは、ツールを活用することで検索ボリュームや出現回数も調べられるため、効率的に重要なキーワードを見つけることができます。シノビクスでは、サジェストキーワードや再検索キーワードを調査する際、ラッコキーワード再検索キーワード調査ツールを使用しています。

Step 2. 読者ニーズを深掘りする

読者が何を知りたいのか(検索意図)を深掘りします。キーワードを見て「想像」した読者ニーズを確認する作業です。読者ニーズの深掘りには、「Yahoo!知恵袋」や「X(旧Twitter)」などを活用するのがおすすめです。

ここでは、キーワードだけでは見えてこない、ユーザーのリアルな疑問、その疑問を持った背景が分かります。シノビクスではニーズの深掘りから得た気づきをメモしておき、読者ニーズを再度確認すると共に、記事に盛り込むべき内容は記事構成に入れ込んでいきます。

Step 3. 競合サイトを分析する

検索上位にある競合10記事を分析します。上位にある記事は、Googleにとっての正解であり、読者が知りたいことと考えられるためです。

競合サイトのよい点は参考にしつつ、不足している情報がないかも読者目線で考えます。競合サイトに不足している情報は、自社の独自性になりうるポイントです。競合サイトよりも情報の網羅度を高めることを意識しながら、「より上位に表示させるためにはどうすればいいか?」を考えてみましょう。

シノビクスでは上位記事の特徴や、不足している点を細かくメモし、記事構成を作成する際の1つの指標としています。

Step 4. 記事企画をまとめる

続いて、記事の方向性を決めるステップです。Step1~3の調査をもとに、読者像(ペルソナ)や読者ニーズをまとめていきます。

他にも、制作する記事の優位性(競合サイトと差別化できるポイント)や、記事のゴール(コンバージョン地点や、読み終わったときの理想の状態)も明確にしておくと、検索ニーズの軸をしっかり保ちつつ、独自性のある記事構成を作ることができます。

Step 5. 記事構成を作成する

ここまで準備してから、ようやく記事構成に落とし込むステップに進みます。記事の流れを整理し、見出しや内容を考えていきます。重要なキーワードや読者ニーズをしっかりと反映させることが重要です。

記事構成には、タイトルや見出しはもちろん、内容や参考サイトなど詳しく記載していきます。誰が見ても同じ内容が書けるように丁寧に作成しておくことがポイントです。記事構成に書くべき要素の詳細については、次の章で解説します。

SEOで評価される!記事構成のテンプレートを公開


「記事構成の作り方が分からない」
「SEOで評価される記事を作りたい」

このようにお悩みの方のために、シノビクスが実際に使用している記事構成のテンプレートをご用意しました。



テンプレートに沿って記事構成を作成すれば、SEOで評価される記事を作ることができます。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください!

そのような方は、ぜひ本テンプレートをご活用ください。

記事構成のテンプレートをダウンロードする

記事構成に書くべき6つの要素

ここでは、記事構成に書くべき6つの要素について詳しく解説します。

1. タイトル

タイトルは、なるべく前半にターゲットキーワードを入れて、28~32文字程度でまとめることがポイントです。ただし、キーワードによっては32文字を超えてしまうこともあるため、32文字以内は必須ではありません。また、記事構成を作り終えた後に「記事全体を総括する内容になっているか?」を見直すようにしましょう。

タイトルは、記事の第一印象を決める大事な部分となります。どんなによい記事を作っても読んでもらえなければ意味がありません。「この記事読んでみたい!」と思わせられるような読者の目を引く工夫をしてみましょう。

読者がクリックしたくなるタイトルの付け方は「読者がクリックしたくなるようなタイトルを付ける」の章で解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

2. 見出し

伝えたい内容の流れを整理し、リード→本文→まとめの流れで見出しを決めていきます。見出しを決める際には、以下のポイントを意識しながら作成していきます。

  • 読者が特に知りたいことは記事の前半に配置する
  • 大見出し(H2)には必ずターゲットキーワードを入れる
  • キーワード調査で洗い出した重要なキーワードも、なるべく見出しに入れる
  • 見出しだけ見れば、記事の内容が分かるようにする

最後に、大見出し(H2)は中見出し(H3)・小見出し(H4)を包括する内容になっているか、見出しの順番に違和感はないかなどの論理構造を確認しましょう。

3. 内容

各見出しの本文に書く内容を整理していきます。

特にライターを別途アサインする場合は、記事構成が「指示書」の役割を持ちます。そのため、以下のような執筆時の注意点も含めて記載するとよいでしょう。

  • 原稿内に必ず入れたいキーワード
  • 気を付けたい表現・表記方法(例:リスト型を使用する) など

誰が見ても同じ内容が書ける記事構成に仕上げるのが理想的です。

4. 参考サイト

原稿を執筆する時に参考にしたいサイトがあれば記載します。その際、信頼できる参照元かどうかを確認しましょう。

信頼できる参照元とは

  • 政府や自治体など、公的機関が公開している情報
  • 公共機関や企業が実施した調査・実験結果の一次情報
  • 原著論文や書籍
  • その分野の専門と判断できるサイト など

検索結果の上位に表示されているからといって、そのサイトに記載されている情報が正しいとは限りません。情報が古かったり間違っていたりすることもあるため、参照元の信頼性は必ずチェックするようにしましょう。

5. 図表・画像イメージ

各見出しに挿入するクリエイティブ(図表・画像・写真など)を検討します。文字ばかりの記事では、内容が理解しにくかったり、読むのに疲れてしまったりする懸念があります。

特にスマホでは、文字数が300文字を超えると視認性が低下します。見出し内の文字数が多い場合は、できるだけ画像や図表を挿入するようにしましょう。

弊社のオウンドメディアでは以下のように記事ごとに画像イメージを効率よく作成できるよう、テンプレートを多数用意しています。

また、オリジナル画像を挿入することで記事の独自性が高まり、SEOの評価も高められるといったメリットもあります。オリジナル画像を制作する場合は、デザイナーとの連携がスムーズになるように参考イメージを入れておくのがおすすめです。

6. 文字数

見出しごとに、本文の文字数の目安を記載します。文字数を記載しておくことで、どの見出しに重点を置くのかを明確にできるからです。目安としては、1つの見出しあたり200~400字程度にすると、読みやすい記事になるでしょう。

記事構成が完成したら、文字数の合計をみて、競合サイト比で情報量が劣っていないかを確認しましょう。

最近は必ずしも文字量が多いほど検索上位に上がりやすいわけではありませんので、ユーザーの検索意図に合わせて、最適な文字数を考えましょう。

SEOだけでなく成果にコミット!シノビクスの記事制作代行サービス

「記事構成の作り方は分かったけれど、なかなか時間が取れない…」
「記事制作はプロに任せて、他の業務に時間を割きたい」

このようにオウンドメディアの記事制作にお悩みの方には、シノビクスの記事制作代行サービスがおすすめです。

弊社では様々な業界で、100サイト以上のオウンドメディアを支援してきました。クライアント様の強みを活かしたコンテンツ企画が得意で、ただ記事を制作するのではなく、マーケティング目標の達成に貢献します。

ご興味のある方は、ぜひサービスの詳細をご覧ください。

シノビクスの記事制作代行の詳細を見る

記事構成の質を高める4つのコツ

質の高い記事構成を作るためには、以下の4つを意識することが大切です。

これらの4つのポイントを押さえることで、SEOで評価されるだけでなく、自社のマーケティング目標に貢献する記事を制作することができます。それぞれについて詳しく解説します。

1. とにかく事前調査に時間をかける

繰り返しになりますが、読者の検索ニーズに答えている記事がSEOで評価される記事す。

  • 関連キーワード調査
  • 読者ニーズの深掘り
  • 競合サイト調査・分析 など

今回の記事で紹介した上記の調査のほかに、関連業界や、訴求したい製品・サービスへの理解を深めておくことも大切です。事前調査に時間をかけることで、読者の検索意図の解像度を高められる上に、SEOで評価される質の高い記事構成を作り上げることができます。

これらの調査をもとに記事構成を作り込むことで、原稿を執筆するスピードも高めることができるでしょう。

2. オリジナリティのある内容を盛り込む

GoogleのWebサイト評価基準の1つに「E-E-A-T」があります。これは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trust(信頼)」の頭文字をとったものです。

「Experience(経験)」は2022年末に新たに追加された要素で、実際の体験・経験に基づいた独自性の高い情報が評価されるということです。つまり、SEOにおいてオリジナリティ(独自性)の重要性が高まっているといえるでしょう。

具体的には、自社ならではのノウハウや事例などを盛り込むと、他社にはマネできない強みとなります。

記事テーマExperienceの例
電気代の節約術・我が家で実践している節約方法
・我が家の電気代の推移
おすすめの家電・実際に使用してみた感想
・レビュー
DX推進・自社で実践しているDX施策
・施策に対する社員の反応
記事構成の作成方法・自社で使用しているフォーマット
・実際に作成した記事構成

ただ、記事構成を作る際に、競合サイトの内容にひっぱられてコピーコンテンツのようになってしまう…とお悩みの方もいるのではないでしょうか。どうしても競合記事に似通った記事構成となってしまう場合には、先に記事構成を考えてから競合調査をおこない、最後に記事構成を調整する、という流れにするのも1つの手です。

競合サイトとの差別化を心がけることで独自性を高めることができ、SEOからも評価される質の高い記事構成となるでしょう。

3. 読者がクリックしたくなるタイトルを付ける

どれだけ質の高い記事を書いても、読まれなければ意味がありません。読者が思わずクリックしたくなるタイトルを考えることが大切です。たとえば、以下のポイントをもとに作成すると読者がクリックしたくなる魅力的なタイトルとなります。

ポイント具体例
具体的な数字を入れる・おすすめ◯◯10選
・80%の人が実践している~の方法
・~を成功させる3つのステップ
ターゲットを明確にする・ライターなら知っておきたい
・30代女性必見
記号を用いて目立たせる※【】<>!などを使う・【徹底比較】~におすすめの◯◯7選
・<最新版>◯◯駅のお土産ランキング!
権威性を持たせる・医師が解説
・現役◯◯がおすすめする~
簡単さを伝える・たった10分でOK
・自宅でできる簡単◯◯
・初心者でも失敗しない~の方法

ただし、読者の目を引きたいからといって、煽りすぎたり誇大な表現にしすぎたりするのはよくありません。上記で紹介したテクニックを自然に入れる形で、魅力的なタイトルを考えてましょう。

よいタイトルが思いつかないときは、ChatGPTと壁打ちするのもおすすめです。ChatGPTの活用方法については、次の章「記事構成の作成にChatGPTは活用できる?」で詳しく解説します。

4. ゴールにつながるコンバージョン導線を設計する

オウンドメディアの目的は、認知とコンバージョンへの貢献です。読者が「記事を読んで終わり」になってしまっては意味がありません。

商品購入やアプリダウンロード、リード獲得など、メディアのゴールにつながる記事にすることが大切なポイントです。そのためにも、読者の検討レベルにあわせたコンバージョン地点の設定が重要となります。

例:「すぐに買いたい人」は購入・申し込みページへ誘導

  「まだ課題が顕在化していない人」にはお役立ち資料のダウンロードなど

たとえば、その商品に興味がない層に対して「今すぐお申し込みを!」と訴求しても、読者の心には響きません。むしろ、押し売りされているように感じて、ネガティブな印象を持たれてしまうかもしれません。

このような場合は、読者にとって役立つ情報をまとめたホワイトペーパーを用意して、無料でダウンロードできるようにしてみましょう。ダウンロード時にメールアドレスを入力してもらい、定期的にメルマガなどで情報発信することで、「この分野ならあの会社!」と自社の認知につなげることができます。

読者のニーズを満たしつつ、ゴールにつながる最適な流れを考え、コンバージョン地点を設置することが質の高い記事構成となるコツとなります。

記事構成の作成にChatGPTは活用できる?

この章では、よくある質問「記事制作にChatGPTは使えるか?」にお答えします。ChatGPTの特性・注意点や、活用時に使えるプロンプト例を紹介しますので、参考にしてみてください。

ChatGPTは原稿執筆には原則使わない

シノビクスの場合、ChatGPTなどの生成AIは、基本的に記事制作には使用していません。その理由は、クライアント様への記事の納品を目的とした場合、品質担保をAIに任せられるほど完璧なアウトプットが出ないと考えているからです。生成AIは、情報が古かったり間違っていたりすることもあり、必ずしも正しいとは限りません。

ただ、記事制作においてChatGPTを絶対に使ってはいけないわけではありません特性をきちんと理解した上で、一部の工程のみで使用するのであれば、問題ないこともあります。

とはいえ、ChatGPTが出したものはあくまで「たたき台」として考え、最終的には必ず人間が確認・調整・判断するようにしましょう。

ChatGPTを活用できるパターン

ChatGPTは、調査やライティングでは使用せず、アイデアのブレストや情報の整理に使うことがおすすめです。たとえば、よいタイトルが思いつかないときや、言い換え表現を考えたいときなどに活用すると、効率的に記事を制作できるでしょう。

活用OK活用NG
・タイトル・見出しのアイデアを出す
・文章や語句の言い換え表現を考える
・自分で調べた情報を箇条書きにまとめる
・データや事実関係を調査する
・最新情報を確認する
・原稿をライティングする

例えば、実際弊社でも以下のようなケースでChatGPTを活用するケースがあります。

  • 多数のキーワードに渡って構成が似通っているページを大量に作成するケース
  • プレスリリースのように、決まった型で情報を配信するケース
  • 人間が執筆した内容の誤字脱字をチェックし、より分かりやすく編集する
  • インタビューを書き起こして読みやすい文章に整形する

質の高い記事構成を作成するには、それなりの時間が必要です。少しでも効率よく記事制作をおこなうためにも、ChatGPTを使いこなせるか否かは今後業務効率化の面でも大きく影響してくるでしょう。

アイデア出しに役立つプロンプト例

タイトル・見出しの検討など、アイデア出しに使えるプロンプトを紹介します。

プロンプトには、文字数や、必ず入れたいキーワードなど、出力形式など、前提条件を具体的に指示することがポイントです。また、ChatGPTに具体的な役割を与えることで、より的確な回答を得られることもあります。

実際にプロンプトの文例をみていきましょう。

プロンプトの文例

回答の中にイメージに近いものがあれば「これと同じイメージで、あと5つの案を考えてください」のように伝えてみると、精度を高められます。一方でイメージしていた回答が得られなかった場合は、条件を変更したりしながら何度かやりとりしてみましょう。壁打ちすることで、だんだんイメージに近づけられるはずです。実際に活用しながらコツを掴んでいくことをおすすめします。

繰り返しになりますが、ChatGPTが出した答えはそのまま使うのではなく、最終的に人が判断して調整を加えることを忘れないでください。

成果につながる!高品質な記事構成の作成はシノビクスにお任せ!

質の高いSEO記事を制作するのであれば、記事構成の作成は必要不可欠です。記事構成を作成する際には、丁寧な事前調査をおこなった上で、誰が見ても同じ内容を書けるように整えていくことがポイントとなります。

シノビクスでは、​​これまで100サイト以上のオウンドメディア運用支援を通じて培ってきたノウハウをもとに、質の高い記事構成を提供しています。

  • 社内で記事制作するリソースがない
  • そもそもSEOのノウハウを持った社員がいない
  • 自社のメディアはあるけど上手く活用できていない

こういったお悩みをお持ちの方は、シノビクスの記事制作代行を活用してみませんか。記事構成だけシノビクスに任せて、原稿の執筆は社内でおこなうといった柔軟な対応も可能です。まずはサービスの詳細をご覧ください。

記事制作代行の詳細を見てみる

SHARE

この記事の著者

丸市

XINOBIX株式会社 コンテンツディレクター。大学卒業後、専門商社に入社。海外向け法人営業のほか、広報部門で社内報の制作に携わる。その後、フリーランスとしてWebライターの経験を積み、2022年にXINOBIX株式会社に入社。現在はコンテンツディレクターとして、BtoB・BtoC問わず幅広い業界のオウンドメディア運営をサポート。

本質的な成果にコミット!オウンドメディア支援パッケージ
サービス資料請求する
本質的な成果にコミット!オウンドメディア支援パッケージ
サービス資料請求する